タマディックは女性の活用に積極的とききました。

就職にあたってどうしてもして切れないのが大企業への憧れと就職願望です。

しかしそれは正しい見方の上に立っているでしょうか。

考えてみましょう。

◆産休・有給で会社復帰が前提になっている。

タマディックは従業員数約1000名(2017年4月1日現在)を抱える企業です。

《企業概要等情報》…タマディック徹底調査(URL:https://omoteurar.com/

女性社員の割合は全体で7%程度ですから、まだまだ高い比率とは言えませんが、女性のエンジニアが男性と同等の環境で働ける職場というのは事実です。

女性でも永年勤続しやすいように、産休・有給が取りやすい環境づくりに取り組んでいて、会社復帰が前提にもなっています。

◆大企業だから安心・安全とは言えない。

「就職するなら、大企業とタマディックのどちらが良いか」という事はよく考えられることですが、私の個人的な意見としては、「もしも自分ならタマディックを選ぶ」と言いたいです。

その理由は、第1に女性でも技術者として修練を積める環境が整っていること。

第2に、時代的に見て大企業安全神話の時代は終わったと判断しているからです。

◆大企業に就職しても自分の道が約束されていない時代。

自らの力で技能・技術を磨ける環境に身を置くことが賢い選択です。

技能・技量があれば、女性であってもエンジニアとして腕を磨けるのがタマディック。

もしも大企業に就職してしまったら、同じエンジニアでも、“男性のサポートか、部分仕事に回されるのがオチ”。

そんなに狭い了見で自分を閉じ込めていては、世界を相手に勝負できないエンジニアになってしまいます。